本日、ニッポン放送 ザ•ボイスのレポートでお邪魔した、鳥皮の名店「かわ屋」さん。
こちらの鳥皮が、頭ぼーっとするくらい美味しかったので…記録します。


博多でなかなか予約が取れない超人気店「かわ屋」さんが初の県外進出。
博多では、焼き鳥=鳥皮なんですって。

6日間!!かけて、寝かせる→焼く→寝かせる→焼く…とじっくり仕上げた鳥皮は、ほっそりしたフォルム。
時間をかけて焼いたり寝かせたりすることで、余分な脂が落ちて、シャープな見た目なんです。
お口の中に入れて、噛むと…脂が…
まるで、バター!!!!!
熟成された脂というか、ミチッと詰まった脂というか…
バター感が凄いのです。

で、遠くの方からやって来る、焦げたお醤油の香ばしさ!

ビックリしました!


こちらは、横丁スタイルのフロアにある店舗で、他のお店もとても魅力的でした。
西麻布 星条旗通り沿い 鳥皮の名店「かわ屋」さん。
ご馳走さまでした!

↑ぜーんぶ、鳥皮!